DoCoMo P301Hyper をIDOで契約する
(P201Hyper/P203Hyper)     



なぜP301をIDOで使いたいのか?◎

P301HyperはNTTドコモの支店でのみ購入できる機種です。ドコモから鳴り物入りで登場した28.8kbps通信が可能なパケット通信サービス[DoPa]用の端末です。
しかし、通常の携帯電話としての機能、および9600bpsでの回線交換式の通信機能も持ち合わせています。したがってパケット通信をしなくても普通のデジタルPDC電話機としての利用が可能です。
機能的には、ドコモの P201Hyper にパケット機能を付加したものと考えるとよろしいかと思います。メニューコマンド体系はP201とほぼ同一です。

で、本題です。決して安売りされないP301Hyperは私にとって以下のメリットがあります。
  P101/151シリーズと比較して・・・
    ・オプションがそのまま使える
    ・大きさが同じ(超小型端末は手の大きな自分にとって使いにくい)
    ・バイブレータや伝言メモの設定が楽にできる
    ・メモリ転送アダプタP001が使える

これはすなわち、P101D310に置き換えても9600bps通信機能以外は同じことが言えます。
特に、パソコンで電話帳メモリが自由自在に管理できるのは最大のメリットです。P201/301以降の機種は、メモリ転送のプロトコルが統一されました。P101では現在のメモリ管理ソフトでは対応していないため自由になりません。今までのメモリを端末握って書き換えるのはたいへんしんどい作業ですよ!
P301はドコモ支店価格で、本体が¥44000(平成10年4月当時)しましたので、おいそれと機種変更できる電話機ではないかも知れません(苦笑)。でもDoPa契約は必須ではありませんので、パケットやらない人は契約しなくてOK! 「電池や充電器はありますから」といえば別に本体だけでも購入できます。DoPaカード2896P1なども必ずしも購入しないといけないものではありません。


注目のP301 IDO契約機のローミング設定(P201/P203も同じです)

P301とその取説を手にしたとき、コマンドメニューが不自然に飛んでいる箇所があったのでピン!と来ました。
[メニュー][8]の[17]から[21]へ設定メニューが飛んでいます。
P101でローミング設定メニューが浮かび上がる実績があったので、ここに出てくると予想しました。結果は、狙い通り! 以下のようになりました。

[メニュー][8]から[▲][▼]ボタンで・・・・

  


コマンド表
18ローミング設定/変更自動/手動モードの変更や設定をします
19ローミング起動/解除18で設定したモードで起動します
20ローミング設定の確認動作モード/設定モードの確認をします


また、ローミングモードの設定はP101等と同じで、以下の通りです。


設定モード一覧表
モード番号自動/手動の別  ローミング動作
  1  手動IDO固定
  2  手動セルラー固定
  3  手動ドコモ固定
  4  自動IDO→セルラー
  5  自動IDO→ドコモ
  6  自動IDO→セルラー→ドコモ
  7  自動IDO→ドコモ→セルラー


設定のしかたの例

セルラー固定モードにする場合
|「0」を選択→|「2」を選択→ワた出た![地域指定] とりあえず「0」を選択します。


IDO→セルラー→ドコモ自動切替モードにする場合
−「1」を選択→→「6」を選択(おしまい)

P101/P2同様、設定後に起動しないとローミングで使えません。


P301ローミング中
ローミングで使用中は、この通り!
Rmの文字が点滅します


その他

パケット通信の待機/可能不可能表示である[P]マークはIDOではサービスしていないので表示されません。([T]マークは電話モード表示) ドコモ契約でもDoPaやiモードのサービスをしていない地域では出ませんが。

この性質を巧みに利用すると[セルラーローミング中]なのか[ドコモローミング中]なのかの判断をすることができます。

P301セルラーローミング中   P301ドコモローミング中
写真左はセルラーローミング中で[T]マークのみ  写真右はドコモローミング中で[P]マークも表示!






P201/P203でも設定は同じ


私の一連のページに書いてある内容は独自の検証の結果でありメーカー・キャリアの保証の限りではありません。また如何なる不測の事態が生じようと一切の責任を負いません。ここの記事の内容を根拠にメーカー及び電話会社等への問い合わせはご遠慮ください。三才ブックス刊「ラジオライフ」、マガジンランド刊「アクションバンド電波」、ソフトバンク社刊「突撃インターネットPC」に代表されるムック各誌その他、元ラジオライフ編集長編集部員の関わるすべての書籍雑誌へのこれらのページの内容の無断転載はもちろん、URL掲載や情報提供もいかなる理由があれ一切禁止します。



戻 る
Copyright 1999-2001 TAM Office Co.Ltd