DoCoMo D207Hyper をIDOで契約する



ドコモD207のIDO契約機のローミング設定

最近のドコモファミリー機はメニュー構造も多様になり、以前のように「お約束の設定方法」ではなくなりました。
D207はモードの設定に非常にクセがありますので、手順をきちんと把握しないと画面の指示に従うだけでは意図する設定ができません。やはりドコモでは不要なローミングについてはあまり考慮されていないので非ユーザーフレンドリーなメニューツリーとなっています。

メニュー817でローミング


[メニュー/メモリ][8][1][7] でローミングメニューなのですが、これ以降が複雑なのでツリー構造を以下のような図にしてみました。

ツリーの矢印の逆をたどるには[クリア]ボタンで一階層上に戻ります。また[0]の代わりに[メニュー/メモリ]ボタンでも同じ働きをするところがあります。

以下のツリーに従って設定をすすめていくと、最後に自動的にローミング起動しますので、他のドコモ標準型機のように特別にローミング起動だけのコマンドというものは用意されていません。


コマンドツリー



設定モード一覧表
モード番号自動/手動の別  ローミング動作
  1  手動IDO固定
  2  手動セルラー固定
  3  手動ドコモ固定
  4  自動IDO→セルラー
  5  自動IDO→ドコモ
  6  自動IDO→セルラー→ドコモ
  7  自動IDO→ドコモ→セルラー




ローミング中
ただいまローミング中!!
アンテナピクトの横でRmマークが点滅します


制作協力:matsuさん


私の一連のページに書いてある内容は独自の検証の結果でありメーカー・キャリアの保証の限りではありません。また如何なる不測の事態が生じようと一切の責任を負いません。ここの記事の内容を根拠にメーカー及び電話会社等への問い合わせはご遠慮ください。三才ブックス刊「ラジオライフ」、マガジンランド刊「アクションバンド電波」、ソフトバンク社刊「突撃インターネットPC」に代表されるムック各誌その他、元ラジオライフ編集長編集部員の関わるすべての書籍雑誌へのこれらのページの内容の無断転載はもちろん、URL掲載や情報提供もいかなる理由があれ一切禁止します。



戻 る
Copyright 2000 TAM Office Co.Ltd