DoCoMo R208Hyper をIDOで契約する



R208 IDO契約機のローミング設定

R208はローミングの設定を、初期設定や機能設定ではなく[ネットワークサービス]の設定で行います。
[メニュー][2][8]でメニュー画面を表示させローミングメニューの中から行いたい設定を選び、暗証番号を入力して画面の指示に従って設定するようにします。

ネットワークサービス−−→ローミングメニュー−−→個別メニュー



コマンド表
[メニュー][2][8][1]ローミング設定自動/手動モードの設定をします
[メニュー][2][8][2]ローミング起動F72で設定したモードで起動します
[メニュー][2][8][3]ローミング確認動作モード/設定モードの確認をします



設定が終了したら次にローミング起動をしないとローミング使用できません。起動用のコマンドが他に用意されています。
しかし、R208はハイパートーク機ゆえ、残念ながらセルラーエリアでは使うことができません。発着信不能です。詳しくはこちらを参照してください。


ローミングモードの設定は以下の通りです。


設定モード一覧表
モード番号自動/手動の別  ローミング動作
  1  手動IDO固定
  2  手動セルラー固定
  3  手動ドコモ固定
  4  自動IDO→セルラー
  5  自動IDO→ドコモ
  6  自動IDO→セルラー→ドコモ
  7  自動IDO→ドコモ→セルラー






ローミング中
ただいまローミング中!!
時計の右横でやや小さな字でRMの文字が点滅します





制作協力:matsuさん


私の一連のページに書いてある内容は独自の検証の結果でありメーカー・キャリアの保証の限りではありません。また如何なる不測の事態が生じようと一切の責任を負いません。ここの記事の内容を根拠にメーカー及び電話会社等への問い合わせはご遠慮ください。三才ブックス刊「ラジオライフ」、マガジンランド刊「アクションバンド電波」、ソフトバンク社刊「突撃インターネットPC」に代表されるムック各誌その他、元ラジオライフ編集長編集部員の関わるすべての書籍雑誌へのこれらのページの内容の無断転載はもちろん、URL掲載や情報提供もいかなる理由があれ一切禁止します。



戻 る

Copyright 2002 TAM Office Co.Ltd