DoCoMo ハイパートーク機 をIDOで契約するときの注意点




ドコモのハイパートーク機をIDOで契約した場合、IDOエリアでは通話は特に問題なくできます。

が、セルラー地区でローミング使用しようとすると、位置登録までは正常ながら、発着信が全く不能であるということが判明しました。
Rm]の表示は点滅し、あたかもローミングしているように見えますが、通話ができません。
またセルラー各社(現KDDIのau関東支社・au中部支社以外)でもこの現象は確認しており、セルラー各社へのドコモハイパートーク機の持ち込み登録は拒否されています。

ドコモローミングで使用する場合には、通話は特に問題なくできます。

しかしIDOでのドコモローミングサービス新規契約は受付終了していますので、契約をしていない人はハイパートーク機をIDOで契約する場合には実質的にIDOエリア以外での使用はできません。

※ハイパートーク機とは、NTTドコモの 208 502 821 シリーズ以降の製品を指します



私の一連のページに書いてある内容は独自の検証の結果でありメーカー・キャリアの保証の限りではありません。また如何なる不測の事態が生じようと一切の責任を負いません。ここの記事の内容を根拠にメーカー及び電話会社等への問い合わせはご遠慮ください。三才ブックス刊「ラジオライフ」、マガジンランド刊「アクションバンド電波」、ソフトバンク社刊「突撃インターネットPC」に代表されるムック各誌その他、元ラジオライフ編集長編集部員の関わるすべての書籍雑誌へのこれらのページの内容の無断転載はもちろん、URL掲載や情報提供もいかなる理由があれ一切禁止します。



戻 る
Copyright 2000-2001 TAM Office Co.Ltd